株式会社林鉄工

会社情報COMPANY

GREETING代表メッセージ

歴史が繋ぐ
技術力と「鉄」への情熱

こんにちは株式会社 林鉄工の代表取締役をしています林正道と言います。15年程土木技術者だった私は平成13年3月から会社に入り、平成15年5月より代表をしています。

弊社は、日本製鋼所室蘭製作所の技術者だった祖父の林三千三が昭和2年に創業させ、昭和42年に設立した北見鉄工協同組合員と共に、永く北見市の鉄工業界をけん引してまいりました。私で3代目となりますが、お客様は、1次産業で採れた農林水産物を貯蔵や加工する近隣の工場様や、ごみや廃棄物を処理する工場様です。東京、札幌等都市圏に本社があり、オホ-ツクの恵みを求めているお客様の機械設備を製造し、取付けや修理修繕を行っています。また、道内各地はもとより、一部は道外の物件も行っています。溶接技術や、これらの取付施工技術は機械設備にとって、非常に必要な技術技能ですので、必要とされる以上は、何とか継続したいと思っています。これからも、北見の鉄工業界が衰退しない様尽力していく所存ですので、皆様のご協力をお願い致します。最後になりますが、弊社役員従業員はもとより、皆様のこれからの幸せとご健勝をご祈念致します。

代表取締役 林 正道

代表ブログへ

MISSION会社理念

  • 社員1人1人、
    日々技術向上に努めます。
  • やりがいのある会社
    を目指します。
  • 若い人が技術を習得できる
    環境を目指します。
  • 社員役員全員の生活水準向上
    を目標とします。

COMPANY 
PROFILE会社概要

称号
株式会社 林鉄工
所 在 地
北海道北見市北上28番地11
資 本 金
2,000万円
資 本 金
昭和2年10月
(現称号 昭和53年7月改)
規 模
建物工場 1,350㎡ 
土地 6,850㎡
従業員数
10名(平成29年12月現在)
代表取締役
林 正道
営 業 品 目
鋼構造物工事業 設計施工/とび・土木工事業/機械器具設置工事業 /土木工事業 設計施工/管工事業 設計施工 /産業廃棄物処理プラント/食品プラントの設備設計/製作、加工、修理、保全、管理及び製罐工事業/建築用金物、土木用金物の設計、製作、加工
資格
・建設業許可 北海道知事許可
鋼構造物工事業、機械器具設置工事業、管工事業、土木工事業、
とび土木工事業、建築工事業、解体工事業
・1級土木施工管理技士、1級建築施工管理技士、1級管工事施工管理技士
・1級技能士 鋼構造物鉄工、2級技能士 建築板金
・JISアーク溶接技術、JIS半自動溶接技術、JISステンレス溶接技術
主要取引先名
[プラント工事]
関東・北海道各種プラントメーカー殿
[各種修繕工事メンテナンス]
森永乳業㈱殿/北海道糖業㈱殿/北見市殿/各種農産物加工施設殿/他各種工場殿
[SUS機器製作・据付・サニタリ配管・SUS加工品]
各種酪農施設/各種食品工場

HISTORY沿革

「鉄」と共に歩んだ軌跡
昭和2年
初代林三千三が勤務していた・佐藤鉄工場跡を佐藤千代太郎より買取り・林鉄工場を設立。主に津別町の丸玉木材工場(現丸玉木材㈱)の木材加工機械部品製作と修繕を行う。従業員数約10名
昭和15年
鋳物工場を北2条西4丁目の工場裏に建設。
昭和20年
鋳物工場を閉鎖。
昭和29年
㈱林鉄工場に法人として組織変更。
昭和30年
北2条西6丁目に機械修理工場及び鋳物工場を新設。
昭和42年
手狭になり同市、栄町(旧とん田町)に工場新設移転。従業員数約40名
昭和53年
2代目林正弘に社長が交代。商号を㈱林鉄工に改名する。
昭和62年
付近が住宅密集地になり、豊地工業団地に移転。(工場借用)
平成2年
北上へ現工場新設移転。
平成5年
大型タンク等の受注が増え、工場を増設。
平成15年
3代目林正道に社長が交代。従業員数約15名
平成29年
創業90年。現在に至る。

EQUPMENT設備

大型バンドソー
大型バンドソー
中型バンドソー
中型バンドソー
NC形鋼切断機
NC形鋼切断機
シャ-リング
シャ-リング
油圧プレス
油圧プレス
旋盤
旋盤
アーク溶接
アーク溶接
アーク溶接
アーク溶接
半自動溶接
半自動溶接
半自動溶接
半自動溶接
TIG溶接
TIG溶接
TIG溶接
TIG溶接
設備概要
大型バンドソ-
1台
シャ-リング 6mm 幅3,000mm
1台
中型バンドソ-
1台
旋盤NC油圧プレス 170t
1台
半自動溶接機
5台
TIG溶接機
5台
アーク溶接機
5台
旋盤
2台
page_top